ぎゅっぎゅっして!ゆっくりがんばる成長日記

子どもの発達や成長について気付いたこと、感じたことを。 忘れないための備忘録的なブログです。

幼稚園見学巡り(2歳6ヶ月~)

~療育による変化~ 2歳半頃といえば療育機関と家庭での対応により、少しづつですが息子が成長していく様子が見え始めた頃でした。 特に図鑑・カード・本等を利用しての”知識”や”概念”の獲得といった分野が大きく伸びていく様子が見られ、記憶(特に短期記…

”ダメ”と”おしまい”(2歳~)

家庭療育のお話しなどをしていますが、今回は”ダメ”と”おしまい”という私にとってはキーワードになった言葉についてお話しさせて下さい。2歳以降の事ですが、時期は前後するかもしれません。 ~”ダメ” 自己肯定感を下げる言葉~ 過去記事子どもの発達障害に…

療育を決めた時―感覚統合(2歳5ヶ月)

~療育への期待~ 随分前の記事で let-me-pick-you-up.hatenablog.com 発達相談をした結果、療育を受けられる事になった経緯を書きました。 しかし、実際には通い始めるまでに少し時間があった為、私なりに出来る事を模索しながらアプローチをし始めた・・・…

水への興味―トイレの水や排水溝のこと 後編(2歳4ヶ月)

ゴタゴタとしておりまして少しお時間が空いてしまいましたm(_ _)m サブブログの方ではお伝えしておりましたが我が家の現在進行形の事情としまして・・・、実は子どもが登校を辛がる様になってしまい、改善に向けて働きかけをしていく中でウチの子にとっては…

水への興味―トイレの水や排水溝のこと 前編(2歳4ヶ月)

~常動行動などの困った事~ 当時取り組んだ遊びを通じた伸ばし方については前回の記事までで一通りご説明させてところでした。 さて、そうした遊びを通じて感覚の過敏さや不器用さのある息子に対してアプローチをしていた頃の事です。 笑顔も増えてきて、一…

遊びをせんとや生まれけむ―室内遊び編5 感覚遊び(2歳4ヶ月~)

2歳2ヶ月でようやく滑り台を滑れる様になった息子でしたが、それ以外の遊具へは中々発展していかない様子を前回お伝えしたかと思います。 足腰や手の力はそれなりに強くなってきているのに、どうもそれらを上手く使いこなせていない息子。何とかしてやりた…

遊びをせんとや生まれけむ―室内遊び編4 バランスや体の使い方について(2歳4ヶ月~)

体を使った室内遊びをお話しする前に、まずはそう考えるに至った出来事である2歳2ヶ月当時の公園遊びのお話しからさせて下さい。 ~2歳を過ぎてやっと滑り台~ 2歳以前の息子は公園へ行っても遊具に見向きもしなかった、というエピソードを下記の過去記事の…

遊びをせんとや生まれけむ―室内遊び編3 指先を使う(3)(2歳4ヶ月~)

~難易度にこだわった理由~ さて、2歳頃~始められる手先遊びの【少し難しい編】です。 ↓でご紹介する中には4~5歳になっても遊び続けられたものも多くあります。 そうした遊びはずっと同じ遊び方をし続けた訳ではなく、成長につれ想像力や語彙力が上が…

遊びをせんとや生まれけむ―室内遊び編3 指先を使う(2)(2歳4ヶ月~)

さて、前回に続き指先を使う遊びです。 指先を使う遊びというのは、実は導入してもすぐに効果が出るというタイプの訓練ではありませんでした。(もし即効性を期待された方がいらっしゃいましたら申し訳ございません(/_;)) ただ、息子と楽しく遊べて本当に嬉…

遊びをせんとや生まれけむ―室内遊び編3 指先を使う(1)(2歳4ヶ月~)

さて、これまでの一連の遊びを通じて息子の手先に不器用さがある事に気付いた私でしたが、 『はて、でも不器用すぎるってどういう状態だろう?他にも息子と同じような事で困っている方っているのかしら??』 等と思い当たりました。 早速ネットで『不器用 …

遊びをせんとや生まれけむ―室内遊び編2 カードがない場合(2歳4ヶ月~)

~カードがない場合~ 前回の記事で息子とカード遊びの有効性と手先の不器用さに気付いた事をお話しさせていただきました。 そこで市販品に限らず『もっとピンポイントで教えてみてはどうかな?』と思い立ち、(絵を描くのは本当に苦手なんですけれど)画用…

遊びをせんとや生まれけむ―室内遊び編1 カード遊びと不器用さ(2歳4ヶ月~)

※夏休みで更新が滞っております<(_ _)> という訳で久々のUPなのですが今回はかなり長文になり、写真も多めになります(^^;)分割しようかとも思ったのですが、カードを使った遊びについてひとまとめにご説明したいので長文で残させて頂きます。予めご了承いた…

遊びをせんとや生まれけむ―写真を使った共感(2歳4ヶ月~)

息子が2歳過ぎの頃から、感覚の過敏さや発達の凸凹に合わせた家庭内療育的な事を模索し始めました。 今回からはそういった取り組みの内容を記録させて下さい。 (※「ウチではこんな事をしてました」といったご紹介文になります。発達の様子によっては全く参…

感覚過敏・鈍麻への試み まとめ編(2歳4ヶ月~)

~あれ?嗅覚は?~ 全身の感覚のという事でお話しを進めさせていただいたこの『感覚過敏・鈍麻への試み』シリーズもいよいよ最終となりました。 それでタイトル通り嗅覚に関する過敏さ/鈍麻さですが・・・ 実はうちの子に関しましては今のところどちらもみ…

感覚過敏・鈍麻への試み 皮膚 後編(2歳4ヶ月~)

~ボディイメージの強化~ さて、皮膚の過敏/鈍麻さへの模索の続きです。 『感覚に訴求する事って・・・他に何かあるかな・・・?』 毛布が意外に効いたので他にも探してみました。 そういえば息子はスパッツやレギンスといった、くるぶしまでのタイツの様…

感覚過敏・鈍麻への試み 皮膚 前編(2歳4ヶ月~)

さて、『遊びを通じて伸ばす』という事で、 この後展開していく遊びの中に、こうした感覚の困難さを理解した上でどんな遊びが良いのかを検討したり改善を図っていけたらいいなと試みていた頃の振り返り記事です。 ~皮膚感覚の敏感さ・鈍感さ?~ 息子には皮…

感覚過敏・鈍麻への試み 口腔内 後編(2歳4ヶ月~)

※前回の記事を書きかけのままでUPしてしまっていた様で、お読み下さった方には本当に申し訳ございませんでした。続きを加筆して再UPさせていただきました。何度も読んでいただく事になりお手数をお掛け致しまして申し訳ございませんでした。 ~刺激物への鈍…

感覚過敏・鈍麻への試み 口腔内 中編(2歳4ヶ月~)

※昨日(7/6)お読み下さった方、申し訳ございませんでした(T_T)下書きの途中で記事を公開していたみたいで、改めて加筆してUPしました。確認が足りなくて本当にすみません(>_<) ~固形物が食べられない~ ↓過去記事の追記に書きました通り、 let-me-pick-you-u…

感覚過敏・鈍麻への試み 口腔内 前編(2歳4ヶ月~)

~過敏さの中でもひと際目立つ口腔内過敏~ うちの息子の感覚過敏の中でも一番周囲がわかりやすいのが口腔内の過敏さだと思います。*1 この口腔内の過敏さは小学生になった今でも苦しんでおります。 先日もちょうどサブブログで最近の事についてお話しさせて…

感覚過敏・鈍麻への試み 目・視覚 分析編(2歳4ヶ月~)

~物の見え方~ 2歳4ヶ月頃のやっていた感覚過敏などに対するアプローチのお話しの続きです。 今回は目について、、、、なのですが、息子の場合視覚へのアプローチは他の箇所とは違いとても困難な箇所の一つでした。 ですのでこの頃はとりあえず分析をして…

感覚過敏・鈍麻への試み 耳 編(2歳4ヶ月~)

さて、頭の次は耳です。 2歳過ぎ当時の息子はあまり耳ふさぎをしませんでした。というよりも耳をふさぐという防御手段を知らなかった様でして(笑)、幼稚園に入ってから教えてみたところ耳をふさぐ事を覚えたのでした(^^;) 話が脱線しましたが、耳ふさぎはな…

感覚過敏・鈍麻への試み 頭皮 編(2歳4ヶ月~)

さて、今回からは2歳4ヶ月頃から始めた感覚の過敏さや鈍麻さに対してのアプローチについて記録させて下さい。 当時、日常の中で色々な事に対応していった訳ですが、一番困難があったのは感覚過敏・鈍麻でした。 発達障がい以前に・・・むしろこの感覚の鋭…

発達の凸凹への対応 3 ~片付けの事など。 環境を整える 後編~(2歳2ヶ月~)

~危険な物は一切出さない~ さて、環境整備の続きです。 息子が2歳過ぎの当時は、 ・包丁 ・ハサミ ・カッター ・子どもの頭に落ちると危険な重さの物 上記の様な物は一切子どもが絶対に手出し出来ない場所に片付けていました。 ですから料理も夫がいる時…

発達の凸凹への対応 3 ~片付けの事など。 環境を整える 前編~(2歳2ヶ月~)

当時、発達障がいについて勉強していると度々『環境を整える』という言葉に出会いました。 『環境を整える』とはつまり単に整理整頓だけでなく、”今何をする状況なのかが視覚的に理解しやすい様に生活動線などを整える(或いは視覚的なヒントで導線を作り出…

発達の凸凹への対応 3 ~スケジュール 編~(2歳2ヶ月~)

※子どもが小学生になった今だから言える事ですが、この記事の内容の頃は私もまだまだ人間として未熟だった様で、かなり無理矢理こちらの都合を息子に一方的に押し付けようとしていた様にも思います。今もし視覚支援をしたとしても、あくまでも”今日の一日の…

発達の凸凹への対応 2 ~愛着を考える 後編~(2歳2ヶ月~)

※子どもとの関係を考える上で”愛着”を原点にした当時の事を大事に考えておりまして、以前のブログでは[追記]としていた部分を改めて書き起こしました。よろしければお付き合い下さい<(_ _)> ~”しつけの為に怒る”の効果は?~ 愛着について考えた事の続き…

発達の凸凹への対応 2 ~愛着を考える 中編~(2歳2ヶ月~)

~愛着の為に怒る事を辞める~ 前回の続きです。※非常に長文になりますので、お時間がおありの時にでもお読み下さると幸いです。 さて、愛着心を育む為にまず怒る事を辞めました。 結構日常的に叱っていたのでしょうね、当時は非常な努力と忍耐が必要でした(…

発達の凸凹への対応 2 ~愛着を考える 前編~(2歳2ヶ月~)

※この”愛着を考える 編”、以前のブログでは1記事にまとめて書いたものですが、長すぎるので少し分けてUPさせて頂きます<(_ _)> ~愛着とは~ さて、子どもが2歳を過ぎた頃の振り返り記事の続きです。 当時の私は家庭療育を進めて行こうと意気込んでみた訳…

発達の凸凹への対応 1 ~目標を立てる 編~(2歳2ヶ月~)

~好きな事を通じて子どもを伸ばしていく事~ 子どもの発達障害に気付くまで 33で書きましたが、まず最初は”好きな事を通じて伸ばしていく”という事を始めてみようと思いました。 当時思いつく息子が『好きな事』と言えば・電車、車、乗り物系・太鼓をモチ…

子どもの発達障害に気付くまで 0(妊娠超初期~出生前)

『子どもの発達障害に気付くまで』シリーズ最後の記事です。 今回は出産前まで少し遡って、妊娠超初期の特記事項を備忘録程度に記録させて下さい。 ~つわりで転倒~ あれが”つわり”、と言うのが正しいかどうか?実は今でもわからない程の事ですが、『あれ?…